記事一覧

1人2役で双子を演じたトム・ハーディ主演&ブライアン・ヘルゲランド監督『レジェンド 狂気の美学』双子のギャングの成功と転落の物語



実在した双子のギャングをトム・ハーディが一人二役で演じるクライムサスペンス。60年代のロンドン。手段を選ばない方法で街の権力を手中に収めていくレジーとロニー。だが組織内の不調和やロニーの自滅的な行動により二人の絆に綻びが生じ始め……。共演は「ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール」のエミリー・ブラウニング、「キングスマン」のタロン・エガートン、「博士と彼女のセオリー」のデヴィッド・シューリス、「アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン」のポール・ベタニー、「マイティ・ソー ダークワールド」のクリストファー・エクルストン。監督・脚本は「42 世界を変えた男」のブライアン・ヘルゲランド。
ストーリー
※結末の記載を含むものもあります。
1960年代初頭のロンドン。双子のギャング、レジー・クレイ(トム・ハーディ)とロニー・クレイ(トム・ハーディ二役)は手段を選ばない方法で街の権力を手中に収めつつあった。さらなる勢力拡大のために二人はアメリカのマフィアと手を組み、有力者やセレブリティとも懇意の関係を築き上げていく。彼らの影響力はイギリス社会の上流階級にまで及び、その勢いはとどまるところを知らなかった。そんな中、レジーは部下の妹フランシス(エミリー・ブラウニング)と恋に落ち結婚。悪事と手を切ると約束したレジーは、自らが所有する複数のナイトクラブの経営に力を注ぎ込むようになっていく。しかし、組織内の不調和や警察の執拗な捜査、ロニーの自滅的な行動によってクレイ兄弟の栄華は徐々に脅かされていくのだった。やがて二人の絆に綻びが生じ、レジーとフランシスの結婚生活も破綻へと向かい始める……。
イギリスではR18扱いです。R18のイギリス映画では、Danny Boyle (ダニー・ボイル) 監督『トレインスポッティング』(1996年)を抜いて、 最も興行収入の高い映画となりました。
via 映画.com

クラウンジュエル×ZOZOTOWN買取バナー



Supneker SNS
LINE
Facebook
Twitter
SHOP
これからも、”Supneker"をよろしくお願いいたします。

                       

コメント

コメントの投稿

非公開コメント