記事一覧

Supremeをパクリまくっているイタリアのフェイクブランド"Supreme Italia"が大人気!



世界的に大人気のストリートブランド Supreme。
大人気なだけにブランドのコピーも蔓延している。
今回はイタリアで偽物のSupremeのボックスロゴパーカーが販売され、それを作ったブランドSupreme Italiaについて同じくイタリアに店を構える人気ストアのマネージャー四人へのインタビューがウェブメディアNSSに取り上げられた。
イタリア中部の都市バルレッタでSupremeのトレードマークをコピーしたキャップ、ロゴパーカーが販売されたのだが、実際よりもロゴが大きい以外はほとんど同じである。
しかし、もちろんSupremeとはなんら関係はない。さらにSupremeも創設者のJames JebbiaもSupremeという名前の著作権などは保有していないため、このコピー商品は非合法ではない。
この件に関して、Stone Group、Maison Group、Blackwater Store、INNER Milanoのストアマネージャーがそれぞれインタビューに答えた。
今回の件についてどう思うか?これをFakeと呼んでいいのか?という質問に対して
人気ショップStone SoupのAlerio Ghisiは「Supreme NYCかSupreme Italyかということに対して、興味も理解も出来ていない人々が多すぎる。彼らはロゴさえあれば良いと思っている。それはNYCだけができることでBarlettaやSingaporeでは作る事は出来ない。 それを着る事になんの意味がある?」と話す。
なぜSupremeのコピーが作られるのか?
という問いに対しては「答えはシンプルで、金が稼げるからだよ。このSupreme Italiaを取り扱っているお店は増えてきているし、彼らはオリジナリティーのないものを売り続けている。だけど、もし、あの商品が売れたら、彼らはまた作り続けるだろう」とBlackwater StoreのAlberto Campoは答えた。
Supremeがなぜ訴えを起こさないのか?
という点について、INNER MilanoのDavide Marreは「1番の理由としてはSupreme Italiaはローカルな現象だってことだ。あと、イタリアはグローバルなストリートウェアシーンに出て行かないんだ。俺はSupremeがこのコピーに関して無視した事は良かったと思ってるよ、ファンも無視するべきだし、何も知らずにコピーを買った人にそれはコピーだと言ってやるべきだよ」と話す。
Via NSSFNMNL


【最新記事一覧】



Supneker SNS


LINE


Facebook


Twitter


SHOP


これからも、”Supneker"をよろしくお願いいたします。

                       

コメント

コメントの投稿

非公開コメント